水着の人

たるみ・ほうれい線の悩みは美容整形クリニックで解決!

セルフケアやプロの技まで

婦人

予防と対策

肌のたるみはシワやほうれい線の原因となります。対策として紫外線対策や保湿を中心としたスキンケアを行います。たるみは加齢だけでなく紫外線からのダメージにも関わっています。夏だけでなく紫外線対策は冬でも曇りの日でも一年中必要です。日焼け止めやUVカット効果がある化粧下地やファンデーションなどで対策をしていきます。たるみやほうれい線を目立たせてしまう原因として乾燥対策も重要なポイントとなります。肌を乾燥から守るために、日々保湿力が高いスキンケアを使っていきます。保湿力があるスキンケアの選び方は高保湿成分のセラミドやヒアルロン酸などが含まれているものを選びます。保湿ケアは使い続けることが大切です。たるみやほうれい線へのアプローチは効果を実感するために2ヶ月ほどかかります。一回だけ高いスキンケアアイテムを購入するよりも、手軽に使い続けることができるスキンケアアイテムを購入することが改善へは大切です。表皮に表れた浅いほうれい線は乾燥やクセ、むくみなどが原因で、スキンケアアイテムで改善させるだけでなく、エクササイズもプラス取り入れることによって薄くしたり予防をしたりすることができます。エクササイズは舌を回すだけの簡単なもので血行が良くなって新陳代謝がアップします。方法は口を閉じたまま舌を歯の表面に沿って左に20回廻し、次に右に20回回していきます。1セットを1日3回行うと血行が改善しほうれい線の改善だけでなく、顔の歪みや二重あごのケアなどにも効果が見られるようになります。深いほうれい線には、スキンケアやエクササイズだけでなくさらに、コラーゲンの生成を促す食事を摂って質の良い睡眠もとるようにします。さらにリンパマッサージも取り入れることがおすすめです。美顔器を使ったケアをする場合には、超音波美顔器やイオン導入美顔器がおすすめです。超音波美顔器は血液やリンパ液の循環を促して新陳代謝をアップさせて肌の梁をアップします。イオン導入美顔器には、電気の力を使って、プラセンタなどの保湿成分やビタミンC誘導体を肌の奥まで浸透させて、乾燥やたるみに効果的にアプローチしていきます。プロの手を借りる方法はより確実にたるみを改善する方法です。ほうれい線にヒアルロン酸を注入していく方法もおすすめです。注入する方法はサプリメントで摂取するよりも体内に直接アプローチするためより効果的です。注入するヒアルロン酸には種類が豊富にあって、効果時間が異なるためシワの深さや肌状態によって最適なヒアルロン酸を使い分けすることができます。また最近はサーマクールという治療法が注目されています。サーマクールは二段階のアプローチでたるみを引き締める方法です。高周波の熱を使って皮膚のコラーゲンを収縮させて引き締めていきます。さらに肌本来が持つ傷を治す力を使って、熱の刺激を受けた皮膚を治すときに作られたコラーゲンによって肌にハリを与えてたるみが改善させていきます。最新機器のサーマクールは麻酔がなくても治療をすることができ、施術後には洗顔やスキンケアを行った後ダウンタイムもなく、すぐにメイクもすることができます。効果は半年から1年ほど継続するため、効果が薄らいできたら再び施術を受けます。