たるみに負けないはだづくり。

たるみ・ほうれい線の悩みは美容整形クリニックで解決!

様々な治療法が登場

医者

希望に合わせて治療できる

ひと昔前の女性に比べると最近の中高年はとても若いです。中には驚異的に若さをキープしている人もいます。様々な方法でアンチエイジングに取り組む事が出来ますので、老けたなと感じても諦めるのはまだ早いです。老化現象の一つにたるみがあります。たるみは老け顔の象徴のようなもので、多くの女性を悩ませます。特に口の周りや目の周りはたるみが生じやすい場所です。同時にシワも現れますので注意が必要です。たるみの上にシワとなると女性としての魅力も半減してします。対策としては、一番効果的な方法は美容整形外科を受診する事です。治療法によっては美容皮膚科も効果的です。美容整形というとメスを使用した手術を連想しがちですが、メスを使わない治療方法もたくさんあります。希望や予算に合わせて治療方法を選ぶ事が出来ますので安心して美容整形クリニックを受診するとよいです。受診の際には、事前に予約が必要になります。初回は十分なカウンセリングの時間を取り担当医師と相談出来ます。アンチエイジングは一回の施術で完了というわけではなく、長いお付き合いになる可能性が高いので満足のいくクリニックを選ぶ必要があります。クリニックを選ぶポイントは、費用面と施術の効果、クリニックの評判、医師の医療技術などになります。ほうれい線の原因は、顔の筋肉の低下、元々の骨格が原因となる場合が多いです。特に歯並びの悪い人にほうれい線が現れやすく予防法として歯並び矯正も効果的になります。前歯が出っ張っていると口を閉じるのが難しくなります。この状態で老化によるたるみが生じた場合、フェイスリフトの施術も効果的になります。ほうれい線のシワ部分をなくす方法はほかにもいくつか施術方法はあります。真皮のコラーゲンの減少がシワの原因となりますので、コラーゲンの摂取は改善方法としては非常に効果的となります。また注射針でヒアルロン酸を注入する施術もほうれい線治療には良く行われています。メリットは手軽にリーズナブルに行う事が出来る点です。但し、日が経つにつれてヒアルロン酸は体に吸収されていきますので、定期的なメンテナンスが必要になります。また日々のスキンケア用品にも少しこだわりを持つと効果的です。コラーゲンが入った化粧水など保湿成分がしっかり入っている商品はお肌の乾燥を防いでくれます。加齢と共にお肌の水分量は低下してきますので、十分に補ってあげる必要があります。夜寝る前には保湿クリームをつけるのも効果的です。コラーゲンも年齢が上がるにつれて減少していきます。ストレスが原因で減少する場合もありますので、上手にストレス解消をしてストレスを溜めないように工夫する必要があります。真皮のコラーゲンを増やす方法としていくつかの施術が美容皮膚科などで用意されています。ピーリングなどは代表的な治療法です。美容皮膚科などでは優れたスキンケア用品が販売されている場合があります。プロ目線で選んだ商品を扱っている事が多く購入を検討してみるのもアンチエイジングの一つの対策です。また低刺激性のお肌にやさしい商品を多く扱っています。

カウンセリング

自分に合った施術で変身

肌のたるみやほうれい線を解消するだけで、見た目年齢を若く見せる事が出来ます。美容整形を受ける事で、しっかり実感する事が出来るでしょう。施術方法も色々あるので、事前に施術の中身をチェックしてどの施術が自分に向いているのかチェックしましょう。

View Detail

婦人

セルフケアやプロの技まで

シワやほうれい線があることで肌のたるみを引き起こしてしまいます。紫外線対策や保湿対策をすることによって予防をすることができます。すでに出来てしまったほうれい線にはセルフケアだけでなく、美顔器の利用やプロの技を使うとより改善へ導くことができます。

View Detail

顔を触る人

リフトアップ術の種類

ほうれい線のたるみは美容外科クリニックでリフトアップ術をすることで消えます。サーマクールなどの照射治療やヒアルロン酸注入、スレッドリフトなど沢山のリフトアップ術があるので、よく特徴を把握してから処置に臨むことが大切です。

View Detail